自家製酵素液の作り方♬

日本全国7,852万人の酵素ドリンクファンのみなさん´ω`)ノ こんぬづわ

健康オタクなトレーナー竹森どS☆(ゝω・)vキャピ

さてさて、最近では体幹トレーニングセッション前に自分で作った酵素液を炭酸水で割り、

ご希望のお客様にお出ししておりますが、作り方をよく聞かれるので作成方法を載せま~っす。

※ネットや本などで調べながら作った自己流ですので気になる方はご自分でも色々と調べてみてください。

さてさて、作り方は超カンタン♬

基本的に料と、グラニュー糖を1:1の割合で入れて、一日1回~2回よく洗った素手で混ぜるだけです。

素手で混ぜるのは作り手自身の手についている常在菌で発酵を促すためらしいです。怪我や化膿などしていない

綺麗なオテテでま~ぜまぜしましょ’`,、(‘∀`) ‘`,、

10273434_649835731776739_3598343559348219516_n

★まずは容器等をアルコール消毒して乾かします。

材料は季節の野菜や果物などを使います。なるべく無農薬が望ましいですが、手に入らない場合は

重曹を入れた水に1分ほど浸しておくとある程度農薬が取れるらしいです。

材料をよく拭いたら皮ごと細かくカットして、重量を計ります。今回は約3キロでした(気合入れすぎたぜw)

材料が3キロでしたのでグラニュー糖も3キロ使います 1:1の割合です。 合計6キロ・・・ずっしりw

砂糖、材料、砂糖、材料の順に層にしていきます。最後は砂糖で蓋をするようにします。

後は発酵するまで一日1回~2回手で混ぜるだけでOK!

1391575_462429670567476_4909448689126285032_n

今回の使用材料は、いちご・リンゴ・オレンジ・大根・人参・レモン・梅・さつまいもでした~。

◆発酵まで夏場は7日くらいが目安で、冬場は20日ほどかかるみたいですね~

発酵完了の目安は混ぜたときにシュワシュワッと泡がたったらOK♬ 

最初に作った酵素液を取っておいて次回作るときに少量混ぜておくと発酵の進み方が早まりました。

数時間で材料の水分がでてきて砂糖と分離し、その後3日くらい徐々に下にたまっていた砂糖が分解されて

いきました。※砂糖は発酵する過程で発酵菌の餌になり、ブドウ糖や単糖類に分解される。黒糖等はミネラル分が多すぎるため、使用すると発酵が遅れるらしいです(゚д゚)!アラヤダ

10342001_649835771776735_7939508575679993043_n

 

これが我が家の初代酵素液m9( ゚Д゚) ドーン!

いちごの色、風味、甘味が一番際立ちましたが、ほんのりとした甘さでしつこくなく、炭酸水で5倍くらいに割って

飲むとさわやかで美味しく飲めました☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

百円均一などで売っている三角コーナーの網を利用して2回ほど濾してビンの中に入れました~v( ̄Д ̄)v イエイ

余った材料も酵素、乳酸菌、オリゴ糖たっぷりなので、朝のスムージーの中に入れたり、

茶こしの中に詰めて湯船に浮かべると、簡易酵素風呂へ♬ 家でも試してみましたが、ほんと温泉にでも入ったか

のように体の芯から温まりました(;^ω^)アセガトマラナイヨ

内容成分は酵素・乳酸菌・オリゴ糖になるらしいので、腸内環境の改善にはもってこいですねぇ♬

ただ、食品メーカーではないので内容成分を保証するものではございませんε- (´ー`*)フッ

 

↓↓↓我が家の2代目酵素液の材料はた~っぷりの生姜とリンゴのみで作りました(ΦωΦ)フフフ…

10442566_652812961479016_5415388193251050545_n 10340009_652814138145565_3447861010811284865_n 10383589_654294654664180_3766499754861036006_n

初回の酵素液を少量混ぜておいたので2回目の発酵はわずか5日で完了♬泡がシュワシュワで意気の良さが感じられました。

味はほんのり生姜風味でこれまたさっぱりで美味しくていい感じ♬♬ 

これを飲んでからコアトレーニングやるとすごく汗が出る気がしました_|\○_ヒャッ ε=\_○ノ ホーウ!!

 

●善玉菌が優勢になると発酵し、悪玉菌が優勢になると腐敗するそうです。匂いや色などで判断してください。

※酵素液を作る際は自己責任で作成されてください。効果、効能も保証するものではございません。だって趣味だもの

 

さー次はどんな材料で作ろっかな(´∀`*)ウフフ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。